ビール酵母入りのドッグフードとは

ドッグフードのパッケージに「ビール酵母」という文字を見たことはないでしょうか。
「犬にビール?」と、びっくりしたことがある方もいるかもしれません。
ここでは、ビール酵母入りのドッグフードについてご紹介させていただきます。

ビール酵母に含まれる栄養素

「酵母」には納豆酵母や味噌酵母、ビール酵母などがあり、発酵食品には欠かせない存在です。
ビール酵母とは、ビールがつくられる時に使用されている微生物のことです。
そんなビール酵母はビールをつくる過程で、麦汁に含まれる糖をアルコールと炭酸ガスに変えながら、たっぷり栄養を吸い込んでいきます。
そうして栄養分たっぷりになったビール酵母から、アルコールや苦味成分などを取り除いたものが、ドッグフードでいわれるビール酵母になります。

ビール酵母がいいとされる理由のひとつに、その栄養素がすべて天然由来ののもであることがあげられます。
不足しがちな栄養素を自然なかたちで補えるのは嬉しいですね。
では、ビール酵母に含まれる栄養素の一部を、以下にあげてみます。

ビタミン

犬は限られたビタミンしか体内で合成することができません。
毎日の食事、ドッグフードから摂取させてあげたいですね。
ビール酵母はビタミンB群、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン、コリンなど、天然の総合ビタミン剤といわれるほどビタミン類を豊富に含んでいます。

アミノ酸

ビール酵母はアミノ酸も豊富に含んでおり、犬に必要な必須アミノ酸をすべて含んでいます。

ミネラル

からだや骨などを構成している大切な栄養源、ミネラルを多く含んでいます。
その一部を見てみましょう。

・カリウム
・カルシウム
・マグネシウム
・リン
・硫黄
・ナトリウム

食物繊維

整腸作用に欠かせない食物繊維も含んでいます。

また、栄養たっぷりなだけがビール酵母ではありません。
ビール酵母の効果・効能として、以下のようなものがあることが知られてきています。

・免疫をつよくする
・アトピー性皮膚炎の改善
・貧血の改善

ビール酵母入りのドッグフード、「愛犬にいい影響を与えてくれそう」と、興味がわいてきませんか? これで、ドッグフードのパッケージに「ビール酵母」の文字が記載されていても安心ですね。