ドッグフードのデジタル計量スプーン

愛犬の体重、どのくらいの頻度ではかっていますか?
たとえば「いつもだいたい5キロくらい」、とおおまかに考えている場合、実は愛犬のからだに負担をかけているかもしれません。
ここでは犬の体重増減と、それを防ぐドッグフードのデジタル計量スプーンについてご紹介させていただきます。

体重増減が犬の体に与える影響

体重増減の原因が、急激なダイエットであった場合、犬は食事の減少にストレスを感じることでしょう。
また、逆にリバウンドしてしまったことによる肥満も心配されます。
急激な体重の増減による犬のからだへの影響を確認してみましょう。

ストレス

急な食事やおやつの増減は、犬にとって大きな生活の変化となりストレスの要因になります。
ストレスは無駄吠えや抜け毛、免疫機能の低下につながり、犬にとっては大きな負担です。

肥満

前回から少ししか増えていないから大丈夫、と気を抜いていると、気がついたら肥満になっている、ということも考えられます。
犬の肥満では、人間と同じように糖尿病や心臓病、ヘルニアなどさまざまな病気が心配されます。

栄養不足

犬の体重が変化したからといって、急激に体重を戻そうとしたり、無理にダイエットさせることはかえって犬の体に負担をかけてしまいます。
犬は栄養が不足すると、不眠や抜け毛、皮膚や口内の状態が悪くなる可能性があります。
体重の増減があった場合には、数値に対する感覚ではなく、適正体重やボディコンディションスコアを利用した体型の確認を行いたいですね。

体重の管理に、デジタル計量スプーン

体重を一定に保つために飼い主ができることのひとつに、正確にドッグフードの量をコントロールしてあげることがあります。
ただ、はかりを出してきて計量カップで計測し、グラム単位で管理する、というのが面倒で続かないという飼い主の方もいるかもしれません。
そんな時に便利なのがデジタル計量スプーンです。
スプーン自体が計量器になっており、すくって器に運ぶだけで計量できてしまうので、正確なフード量をはかって与えることも苦になりません。

体重管理には、食事の他に適度な運動や、おやつの管理に注意することなども必要です。
ドッグフードのデジタル計量スプーンを使用して、犬の正確な体重管理に役立ててもいいかもしれませんね。