魚介系ドッグフード

ドッグフードといえば、肉や穀物が主原料となっているものを想像する方が多いかと思いますが、魚介系のドッグフードも販売されていることをご存知でしょうか。
魚介系のドッグフードは、肉を主原料としたドッグフードに比べ嗜好性が低いものの、高タンパク・低カロリーで、栄養豊富なことから犬に与えるメリットも多いフードです。
では具体的に、どんなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、魚介系ドッグフードの特徴についてご紹介したいと思います。

良質なタンパク質が豊富!

犬は野生で生活していたころ肉食動物だったことは、犬の先祖だといわれている狼を思い出せば想像しやすいかと思います。
そのため、草食動物に比べ、その腸は短いつくりになっており、植物を消化・吸収するのが苦手なのです。
穀物が主原料のドッグフードなどは、実は犬のからだに負担をかけているのですね。
肉や魚などは、犬に必要な必須アミノ酸を多く含んでいる動物性タンパク質を摂取することができ、消化・吸収しやすいため、栄養の有効性が高いといえます。

効果・効能豊富なオメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸とは、犬が体内で生成することができない必須脂肪酸のひとつで、エゴマ油や亜麻仁油に含まれているアルファリノレン酸(ALA)、青魚に多く含まれているエイコサペンタエン酸(EPA)・ドコサヘキサエン酸(DHA)などの総称です。
魚介系のドッグフードにはこの、EPA・DHAが豊富に含まれており、以下のような効果を発揮してくれます。

・動脈硬化の予防
・抗炎症作用
・皮膚や毛づやの調子を整える
・認知症予防
・うつ症状の改善

さまざまな効果・効能があることがわかります。
オメガ3脂肪酸はオメガ6脂肪酸とのバランスが重要ですが、その割合は1:2から1:10などといわれており、正確には最適な比率が確立されていません。
オメガ6脂肪酸は摂取しやすく、過剰摂取とならないよう、ドッグフードのパッケージ表示に記載がある場合はよく確認してみましょう。

食物アレルギーの愛犬にも!

多くのドッグフードで使用されている、小麦やトウモロコシでも食物アレルギーになる可能性があるのです。
犬の食物アレルギー症状には以下のようなものがあります。

・かゆみ
・フケ
・抜け毛
・下痢、嘔吐

アレルギーを発症した場合、アレルギーの原因となる食材を避けることが肝心です。
魚介系のドッグフードは低アレルギーで、穀物以外にも肉が原因のアレルギーにも対応可能です。
栄養・健康に配慮したドッグフードを選ぶのなら、魚介系のドッグフードも選択肢に入れてもいいかもしれませんね!