歯磨きに最適なドッグフード

最近愛犬の口臭がきつくなった、歯石が目立つようになったということはないでしょうか。 口の中の問題は、放っておくと膿や全身性疾患につながる恐れもあり、軽く見ることはできません。
ドッグフードが、毎日の歯磨きサポートの役目を果たしてくれるとしたら、ありがたいですよね。
ここでは犬の歯磨きに最適なドッグフードをご紹介したいと思います。

歯磨きをしないでいるとどうなる?

もし口内環境によくない食生活を送っていたら、どんなことが犬に起こるのでしょうか。
以下は口内トラブルの一例です。

・口臭
・歯周病
・口内炎
・歯槽膿漏
・虫歯

このようなトラブルに発展してしまった場合、病院で歯石除去などを行うこととなれば、愛犬に全身麻酔をかけることになる場合もあります。
愛犬のからだには、大きな負担となりますよね。
そうなる前に、歯磨きで口内トラブルを予防していきましょう。

口内環境にいいドッグフードのタイプとは?

ドッグフードの種類によっても、口内環境は変わってきます。
たとえば、ウェットタイプのドッグフードは食べかすが歯に残りやすく、歯垢、歯石につながりやすい傾向があります。
ドライタイプのドッグフードでは、歯ごたえがあり、よく噛むことで歯垢がつきづらく、歯石につながりにくいという特徴があります。

ドライタイプのドッグフードであれば、どれでも歯磨きに最適かというと、そうでもありません。
歯磨きに配慮したドッグフードも販売されています。
歯磨きに最適なドッグフードには、フードの形状が歯にフィットする方になっていたり、ドッグフードの成分に歯垢を吸着する成分が入っていたりするものがあります。
人間も歯が痛いと、「憂鬱でなにも手につかない」ということがあるように、犬も口の中にトラブルをかかえていると元気がなくなってしまうものです。
毎日の歯磨きとあわせて、ドッグフード選びにも気をつけてあげたいですね!