ドッグフードを与えていて問題が発生したら

愛犬の毎日の食事にドッグフードを与えている、という方は多いかと思います。 そんなドッグフードで、愛犬になにか問題が発生した場合、どう対処すればいいのか慌ててしまいますよね。 ここでは、ドッグフードを与えていて問題が発生した場合の飼い主の対応について、ご紹介したいと思います。

原因は食物アレルギーかも?

愛犬の様子がおかしいなと感じた場合、その症状をよく観察してみてください。
以下のような症状があるようなら、食物アレルギーが疑われるかもしれません。

・嘔吐
・下痢
・皮膚の赤みや炎症
・おなかが張る
・発熱
・フケ
・かゆみ
・過度の抜け毛
・目の周り、口周りの赤み

これらの症状があった場合、ドッグフードの成分表示を確認してみることで、食物アレルギーが原因であったかが分かる場合があります。
既に食物アレルギーがわかっている愛犬であれば、与えたドッグフードにアレルゲンは含まれていなかったかを確認してみましょう。
そうでない場合でも、ドッグフードを変えたばかりの症状であれば、食物アレルギーの可能性があり、今までのフードとの違いを確認してみるのもひとつの方法です。
ですが、これらの症状は、胃捻転などの別の要因が考えられる場合もありますので、ひとりで判断しないことが肝心です。
食物アレルギーでは、獣医師に相談すればアレルゲンを特定することができます。
また、アレルゲンを含まないドッグフードに変えてあげることで、症状を改善することができたり、無添加や高品質なタンパク質を含むドッグフードを与えることで、予防の手助けをしたりすることができます。
毎日の食事であるドッグフード選びが重要なのですね。

パニックを起こす前に相談しよう

ドッグフードを食べたことをきっかけに急になにかの症状がでた場合、獣医師に相談するのが一番ですが、病院と連絡が取れないなどの理由があるときには、電話相談を受けつけている機関に相談してみることも可能です。
24時間、医師が電話対応してくれるサービスなどで、急な愛犬の不調に慌てることなく対応できる可能性があります。
突然の愛犬の異状、飼い主も不安になりますよね。
このような問題を発生させないためにも、普段から気をつけてドッグフード選びをしたいですね!

また、こちらのサポートドッグフードの紹介についても参考にご覧ください。